プレミアムフライデーは良いと思う。

今さらですけど、

 

いろんな人に

 

プレミアムフライデーってどう思います???」って

 

聞かれるんですね。

 

で、逆に聞き返したら

 

み〜んな口を揃えて

 

「そんなの絶対無理に決まってる」って言うんですよ。

 

しかも「意味がない」とまで言うんですね。ええ。

 

 

僕はね、反対の意見でね

 

すごく良い取り組みだと思うんですよ。

(↓自分で字を付け足しました)

 

↓こっちが公式のもの

 

 

詳しく行く前に

.

今日の一曲

Lord Echo

現代版ソウル

.

みんな全く乗り気でない、プレミアムフライデーだけど

 

僕が、良いと思うのは

 

今すぐには、できないと思うけど

(だって、それに向けての環境がなにも整ってない)

 

我慢強く、我慢強く続けていけばね

 

これが、5年先、10年先、20年先

 

” 文化 ” になって、根付いていくと思うんですね。

 

もしかしたら5年後には

 

みんなあたりまえのように15時で帰宅して

 

余暇を楽しむ時代になってるかもしれないじゃないですか。ね。

 

これを説明しても

 

先に質問してきたみんなは

 

それでも、

「ムリムリムリムリ!!」って言うんですよ。

 

それを聞いてね

 

「あ〜…なんて悲しい人たち…」って思っちゃったんですね(笑)

 

プレミアムフライデーの目的はこういうことなんですよ。ね。

(まぁ、国の真意は経済を回して税金を取りたいだけだと思うけど…)

 

で、みなさんと話ししてたら

 

「休みが欲しい」「休みが早く来ないかなぁ」

 

なんて言ってるくせに

 

国がこういう施策を掲げると

 

「ムリムリ」って言うって

 

すっごい矛盾してるなぁ〜って思うんです。

 

裏を返せば、「働かなきゃダメでしょ」って言ってるようなもんですよ。

 

働いて働いて

 

生涯を終えたいんですかね???

 

やっぱり、ずいぶんと感覚が麻痺してるなぁって思うんです。

 

「週5日、8時間は働くもの」っていう前提が

 

もう ” あたりまえ ” になってんですよね。

 

え?そうじゃない!!って?

 

「会社が決めることだし、自分たちではどうしようもないことだからだ」

 

って???

 

だから、麻痺してんですよ。

 

休みが欲しいんだったら

 

一人ひとりが

 

早い年月で実現できるように、ちょっとでもアクションを起こせば

 

それが大きなムーブメントになり、会社だって

 

取り入れる方向に向くと思うんですよ。

 

何かを変えようと思ったら

 

最初は絶対に反発の方が大きいんですよ。

 

でも、ちょっとの意識の持ちようで

 

物事は少しづつ変わっていくんです。

 

ただ、やっぱり

受け身でなくて、自らもアクションを起こさないとダメですけど。

 

だって数年前まで、ハロウィンなんて

誰もやってなかったじゃないですか。

 

でも今じゃ10月の大きなイベントになってるわけでね。ええ。

 

変える時ってのは、かなりのエネルギーが必要なんで

 

たしかに疲れるんですよ。

 

でも、余暇が欲しいんだったら、もっと前向きに頑張ればいいのに

 

否定してたら、何も進まないし

 

ちょっと視点を変えて考えるのも大事じゃないですか???

 

って、ことです。僕が言いたいのは。

 

 

え?サービス業が大変になるやんか!!って?

 

人口は年々減ってるし

 

金曜以外に休めばいいじゃないかって話じゃないですか。

 

え?そんな簡単なことじゃないって?

 

あっ、そう。

 

じゃ、また。

 

 

インターナショナルになってきた。

ドイツ移住

ドイツ移住

と言い出してから

(まぁ、まだ移住どころか進出もできてませんが…)

 

なんか、こう

 

急に外国人との交流が増えてきましてね

(家にやってくるのは嫁さんの力です)

 

昨日はオーストラリアから

 

オーストラリア人が

 

カットに来てくれましてね

 

つたない英語で、small talk(世間話) しましたがな。ええ。

 

ということで、

 

.

今日の一曲

Harvey Sutherland and Bermuda

エレクトロニックディスコ

1:20からダンサブルになります。

 

.

しかし、写真で見ると

まぁ….僕のアジア感が強調されることだこと(笑)

 

ちょっと失礼ですけど、オーストラリアの美容師のカットが

ひどすぎて

カットが大変だったんです。

横の髪が唇あたりから、突然スカスカのペラペラなのがわかるでしょ?

 

え?僕の方が上手だと言いたいアピールなのかって?

 

まぁ…そうなんでしょうね。ええ。

 

少なくとも、このカットをしたオーストラリアの美容師さんよりは

僕のほうが上手いかな(笑)

 

以前だとね、西洋人ってだけで

 

対面した時に

 

こう、構えるというか…

無意識に上に見てしまってるというか…

崇めるまではいかないけど、そういう感覚に近いもの

 

を勝手に抱いていたわけですよ。

 

言葉が話せないのもあるんですけど

 

接してて、いっつも下手(したて)だったんですね。

 

今は、言葉を喋れなくとも

 

なんというか、対等の気持ちになってきた

っていうのは

 

外国人とのコミュニケーションが

 

少しづつ慣れてきたってのもあるんでしょうね。ええ。

 

もっと、いろんな国の人と

 

交流をとりたいなぁって

 

昨日はつくづく思いましたね。ええ。

 

あ〜早くドイツ住みたい…。

 

じゃ、また。

 

夜の自転車

僕は、

 

若い頃なんて

 

これっぽっちも桜なんて興味もなかったのに

 

やっぱり歳のせいか

 

桜を見るとね

 

心の中が「わぁ〜!」ってなってる自分がいるわけですよね。ええ。

 

昼間は仕事もあってね、桜もゆっくり見れないし

 

なかなか、自転車をダラダラと乗ることもできないから

 

仕事終わりの夜に

 

自転車に乗って、桜を見に行ったわけです。はい。

 

 

“桜”って 一年365日の内の

 

ほんの10日ぐらいじゃないですか。ね。

 

桜を見ながらですね

 

はかないな〜って思うんですね。ええ。

 

僕はいつだってロマンチックですけど(笑)

 

この時は、夜だったから

 

桜見ながらね

 

より一層、ロマンチックに物思いにふけてましたね。ええ。

 

気分を音楽で表すと

 

こんな感じでした。

 

.

Memory Drawings

せつないインストゥルメンタル(歌なしの意味)

.

 

ちなみに僕の自転車スタイルは

ピッタピタのツール・ド・フランスにでも出るかのような

アスリートの格好ではなくて (←けっしてバカにしてるわけではないですよ)

 

普段着で、スピードもそんなに出さず

だらだらと漕ぐスタイルです。日常の一部の感覚ですね。

 

 

だから、サイクリングっていうよりは

 

pottering (ポタリング)になります。

 

ポタリングとは、Potter (のんびりする、ぶらつく)の意味で

 

それにingをつけた造語です。

 

散歩的なサイクリングですね。ええ。

 

じゃ、また。

 

「外人」と呼ばないで

家の近所の

 

ゲストハウスに長期滞在してる

 

イギリス人のクリスが、よく家に遊びにくるんですけど

 

昨日、クリスと話してて

 

印象に残ったのは

.

「 I don’t like when someone call me ” Foreigner ” (ガイジン) 」

「 ” 外人 ” と言われるのは嫌だ」

(ちなみに外人は英語で Foreigner フォリナー です)

.

 

と、クリスが言ってたことですね。ええ。

 

外人という響きや字が

 

ものすごく、よそ者扱いというか

 

アウトサイダー的なニュアンスがするから

 

嫌だって言うてました。

 

たしかにね、同じ人間なのに

 

とかく、日本は「内と外」の線引が強いように思いますね。ええ。

 

2月3日の節分の影響もなくはない???

 

 

何気なく「あっ!外人や」とか「外人がおる!」とか

 

無意識に言ってますけど

 

実はものすごい差別的で、失礼なことなんだなぁと

 

ちょっと勉強になりました。

 

 

「じゃ、どう言えばいい?」と聞いたら

 

クリス「Tourist トゥアリスト」 (旅行者)

 

ということだそうです。はい。

 

たしかにそうやね〜と。思いました。はい。

 

それだと、たしかにWelcomeな姿勢に感じられますね。

 

ちなみに、クリスはHiphopが好きで、

 

僕も好きだから

 

たくさんのHiphopアーティストの話で盛り上がりましたわ。ええ。

 

以下は特に盛り上がったアーティスト。

.

90年代、当時は西海岸のHiphop(G-Fank)に勢いがあって

元気がなかった東海岸を活気づけるきっかけに。

カンフーとかのサンプリングが斬新でしたね。

Wu-Tang Clan

これも90年代。

当時はJazzをサンプリングするアーティストなんていなかったから

みんな渋い!って唸ったし

間違いなくレジェンドな

A Tribe Called Quest

 

HiphopはDJがトラック(サウンド)を流しながら、MCがラップするものなんですが

楽器を演奏しながらラップする新しいスタイルを確立した

The Roots

 

Hiphop界のオールスター的なグループで

メンバーがみんなスゴいんですね。

トラック、ラップの掛け合いなどなど、どれもがCool!

Jurassic 5

 

.

ここからUKのHiphop

フルートのループが渋いしお経のようにラップする

The Four Owls

 

.

Sude(シャーデー)をサンプリングした大人なトラックの
MF Doom

 

.

 

じゃ、また。

 

 

 

また、ぶらり岡山

朝起きて、

 

ふいに春服が欲しくなりましてね

 

服はだいたい大阪の strato さんに行くんですけど

 

大阪方面はただでさえ人が多いのに

 

今は春休みで、人も車もさらに多いだろうから

 

ちょっとそれはうんざりなので…

 

先週に続き、今日も岡山へ行きましてん。

 

岡山では、よ〜くお世話になってる服屋さん


6DIRECTIONS
 
さんで

 

 

2時間ほど、試着しまくって しまくって…

考え込んで 考え込んで…

 

 

 

 

 

優柔不断なもので、なかなか決めきれず…

 

そんな42のオッサンにずっと付き合ってくれた若い店員さんの

富木くんには、ほんと申し訳ないな…と思いつつ、

 

いくつかのカットソーを買いました。

 

去年ぐらいから、無地しか着たくなくてですね

 

しかも、サラッとシンプルに着たくてですね

 

今回も見事に、全部無地です。はい。

 

記念に自撮り(笑)

 

 

で、服の試着って

 

体力消耗するし、なぜか試着時はいつも暑いんですね(たぶん、急ぐし焦るから)

 

僕だけかな???

 

 

だから、ごはん食べようと思って

 

後楽園の近くにある

 

cafe moyau へ。

 

古民家をリノベして作られたカフェです。はい。

 

2軒の古民家をつなげてあって

僕は本がたくさんある方へ。

 

壁一面に本がズラッと。

 

窓際の席からは、後楽園が見えます。

 

6DIRECTIONSさんにカレーがオススメって聞いてたんですけど、売り切れで

日替わりランチを。

 

でもって、

エドワード・ゴーリーの大人向けの絵本を見ながらコーヒーブレイク。

 

cafe moyau の場所は、ほんとに川沿いです。

 

せっかくだから

 

後楽園にも行って

 

桜をみたんですけど

 

まだ、あんまり咲いてなかった…

 

今週中にはバァーッと咲きそうです。

 

川がキラキラ〜

 

 

ということで、帰りました。

 

 

じゃ、また。