3.思いつきの旅 小豆島 (瀬戸内国際芸術祭2019)

前回のつづきから ↓

2.思いつきの旅 小豆島 (瀬戸内国際芸術祭2019)

 

次に

 

明日の海

以下すべて Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

これは、とても好きな作品でした。

順路にそって、各部屋を見ていくんですが

上手〜く古民家を活かした、インスタレーション(空間芸術)の例ですね。ええ。

 

まずは朽ち果てた倉庫にミラーボールでキラキラ。

このミスマッチなコントラストが良いです。

 

次に台所での、時計の針が動いてる音は別のどこからかしてて

実際に針は動かず、時計が回ってる。

 

そして居間での、障子回転 + スクリーン代わり

 

よーく部屋を見ると、いろいろ床に転がってるのも面白いです。

 

また障子に投影される海の映像がキレイでなんかいいですね。

 

 

昔の人の技術力ってスゴいしセンス良いなぁって思いますね。

 

締めの庭でのミラーボール

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

海沿いの木々に隠れて立ってるのが

潮耳荘

 

廃材で作り上げてます。

 

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

以下すべて Sony α7RIII + SEL3514Z

 

中に入ると

 

丸い穴が2つ。

近づくと、ほんの少しの風圧と波の音が聴こえる。

 

天井は見てて「わぁーっ」てなりますが

雨は凌げそうにないですね。。。

 

外に出て、裏側に回ってみると2本の管が。

 

けっこう大きい集音口

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

背後には穏やかな瀬戸内海。

 

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

本島から見る瀬戸内海と

島々から見る瀬戸内海って、なんか違うんですよね。

より波が穏やかだから、太陽光の反射でキラキラしてて、

水もキレイで、同じ瀬戸内海でも良さが全然違うっていうか。

 

次回につづく。

 

 


今日の一曲

Simba

ソウル+ハウス


 

じゃ、また。

 

 

 

2.思いつきの旅 小豆島 (瀬戸内国際芸術祭2019)

前回のつづきから↓

思いつきの旅 小豆島 (瀬戸内国際芸術祭2019)

 

お次は

ジョルジュ ギャラリーの裏にある

 

静寂の部屋

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

受付を済ませたあと、

そのまま進むと

いきなり真っ黒な部屋。

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

右側の入り口を入ると

 

なんともステキなモノトーンの世界が。

以下全て Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

またしても受付の方に

「着物良いですね!写真撮らせてください!絶対映えますよー」と

カメラを渡して撮ってもらいました。

 

 

いやー見事にグレー一色。

 

壁の右の部分は作品の意図で、敢えて窓を埋めた感じですね。

 

桜だけピンクっつうのが良いじゃないですか。

 

アーティストである、ハンス・オプ・デ・ピークが

すべてを作ったこの根性がスゴいです。

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

 

 

 

 

池はアクリル板ですけど

光の反射で、水面っぽくなる計算までしててスゴいなと。

 

 

 

 

 

しかし、かなり精巧な作りで

「すんげーなしかし」と、感心しますわ。

 

 

で、また車移動して

今度は三都半島エリアへ

 

 

花寿波島の秘密

これは..あんまりだったな..

 

 

 

過去と現在の山にのぼり、銀未来の海をながめる

1階の解像度の低い写真が過去で

 

2階の障子と天井に描いてる風景が未来 という意味だと思う。

 

 

 

 

天井にビーチの様々なゴミを描いてる (頭を抱える問題ということで天井かと憶測)

 

床の間には鳶。海には必ずいます

 

暑かったので、隣のお店でお茶を。

こういう昭和な店は頑張って欲しいなと思うんです。

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

Utopia Dungeon

ユートピア ダンジョンなので、迷路風な作りです。

柱と大引だけを残して、数々の細い木には苔を載せてあります。

 

苔だけが生き残って、それが増殖してて

それをユートピア表現してるんでしょう。

 

 

2階は、梁がけっこう低くあるので、頭をぶつける人多数。

 

探検感覚でアートを楽しむ狙いなんでしょう。

 

 

次回につづく。

 

 


今日の一曲

Madison McFerrin

エレクトリックR&B


 

 

じゃ、また。

 

 

 

思いつきの旅 小豆島 (瀬戸内国際芸術祭2019)

昨日10月7日は、休みでね

朝5:00に目覚めて、「なにしよっかな〜」と考えてて

そうだ!瀬戸内国際芸術祭2019を見に小豆島に行こう!

 

ってなりまして

 

早速、岡山県日生港の小豆島行きフェリーの時間を調べたら

7:30発があったんで

早速、準備して着物に着替えて(笑)行ってきました

Sony α7RIII + SEL3514Z
 

久しぶりのフェリーはやっぱりワクワクしますね〜

 

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

そうそう瀬戸内国際芸術祭2019を見るには

パスポートが必要なんで

パスポートを買いましょう。

僕はフェリー上でネットで引換券を買って (あくまで引換券です。パスポートではありません)

福田港案内所でパスポートに引き換えました。(インフォメーションセンターにて引換る必要がある)

秋だけの1期分なのに、4,000円もする (春・夏・秋の3期分は4,800円)

 

小豆島にある作品は11のエリアに分かれていて

僕は見たいものだけに絞って、回ってきました。

 

 

 

まずは南西部の 

草壁港 / 醤の郷周辺に。

 

駐車場に車を止め  (小豆島は広いので、車ごと積んで行った方がオススメです)

 

駐車場の目の前にあるこのトイレも作品です。 

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

オリーブのリーゼント

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

小豆島つったら、醤油とオリーブだもんね〜

 

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

口の中になにか入ってる。

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

カツラが置いてあるので、かぶってみましてん 笑

iPhone 11 Pro

 

 

そして、僕のお目当て。

ジョルジュ ギャラリー

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

ステキな露地を抜け

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

ワォ! ファンタスティック!!

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

これね、決まったポジションでないと、正円には見えないんです。

 

ちょっとしたトリックでね

実はこうなってるんです。

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

金箔が美しいですわ。ええ。

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

どうです?

 

おもしろいでしょ?

 

で、受付の方の女性が

やたら僕の着物姿に食いついてですね、

 

受付の女性「着物の方って今までで初めてなので、ぜひ写真を撮らせてください!」

って言われて

僕「じゃ、僕のカメラでもお願いします」って撮ってもらいました。

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

金の丸を抱えてるように見える!ってテンションアゲアゲで撮ってもらいました。

 

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

縁側にはこけし。

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

2階にも作品があります。

これ、ちょっと誤解を受ける表記だなと。

けっこうみんな、「2階はダメなんや」ってなってて

よーく見たら、「2階も見てよ!でもレンガの位置から上は登っちゃダメよ」って意味ですねん。

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

2階は白い四角があります。

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

小腹が空いたので、併設されてるコヒラカフェで

シチュー+オリーブライスを食べました。

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

次回につづく

 


今日の一曲

CRAC

メロウなソウル


 

じゃ、また。

 

 

Webをリニューアルしました

数年前からずっと変えたいと思ってて、ようやく変えれました。


https://kami-goya.jp

 

そうです。自分で作ってるんです。はい。

 

とりあえず、公開できる感じで

サクッと作ってますので、今後ちょこちょこと

いじっていこうかと。ええ。

 

今回のリニューアルでようやくスマホでもレイアウトが崩れることなく

見れるようにレスポンシブにしました。←今さらかよ!ってね。

(PCやスマホなど、見る画面の大きさで自動的にレイアウトが

変わることをレンスポンシブっていいます)

 

中には、「閲覧中にエラー表示が出るよ」って方もいるかもしれません。

 

そういう方はブラウザの(Crome、Safari、Fire Fox 、IEなど)

キャッシュをクリアするか

履歴とWebデータを消去 などを行ってください。

 

そうすれば、エラー表示は消えると思います。

 

ま、そうゆうことで

今後ともよろしくお願いいたします!

 

 


今日の一曲

Gigi Masin

アンビエント

 

じゃ、また。

トロンボーンレッスン in 京都

しばらくトロンボーンネタは

お休みしてたんで

もう、熱が冷めたんじゃないか?と勘違いしてる方も

 

多々おられるようで…笑

 

言うときますけど、冷めるどころか

 

よりいっそう燃えてますねんで。ええ。

 

7/8から、トロンボーンを始めて

今日まで3ヶ月弱

一日も欠かさず、トロンボーンを吹いてます。

 

で、日に日に成長は感じてて

 

音も当初よりは

コントロールできるようになってきて

楽しくなってきたんですが

(2ヶ月半後の演奏 ↓ )

 

この投稿をInstagramで見る

 

HiDEYOSHi MAEDA®︎さん(@kami_goya___weissgrau)がシェアした投稿

これが原曲

「イパネマの娘」

 

 

一方で、「このままでいいんだろうか???」

とか

「もっとラクに自然体で吹きたい」とか

(動画を見ると、めっちゃ力んでるんで)

 

「今後、独学で身につけたこの奏法で

このまま突っ走っていいのか?」

とか

 

まぁ言い出したらキリがないんですけど

 

とにかく疑問が湧きまくってるのと、

単純にもっと上手く楽しく吹きたいのと、

若干、壁にぶつかってるので

 

ここはいっちょ

 

プロにレッスンを受けてみよう!と思い

 

Google先生に

「ジャズトロンボーン プロ 個人レッスン  関西」

 

検索して

 

見つけたのがこの方で

今西佑介さん

で、なんとなくこの人に教わってみたいなと思って

コンタクトを取って

で、本日9/30

 

個人レッスンを受けに

 

京都まで車を飛ばしてきましてん。

 

今回は様子見ということで、先生とのフィーリングもあるので

 

1時間レッスンを受けました。

 

Sony α7RIII + SEL35F14Z

 

 

京都府 長岡京市

JR長岡京駅前のスタジオにてレッスン。

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 1st 後期

 

 

初見から、フィーリングはバッチリで

 

意気投合して

 

いざ、レッスン開始。

 

まずは、僕の吹いてる感じを見てもらい

 

良いところと悪いところを、指摘してもらったんですが

 

やっぱりプロってスゴいですね〜〜〜

(そりゃそうやろってね)

 

もんのすんごい的確な指摘でビックリしました。

 

良いところは、もっと伸ばすように

細かくポイントを教えてくれて

 

悪いところは、修正の仕方をこれまた

めちゃくちゃ細かく教えてくれて

1時間で音が格段に変わったのが、感動でしたね。ええ。

 

で、宿題も出されました。

 

今はこれを必死でこなしてますねん。ええ。

 

 

やっぱりね、プロに指導を受けるのって大事ですね。うん。

 

こっちのやりたいことに対して

 

しっかりと提案してくれて、それがまたピンポイントにハマるわけです。

 

なんかもう、目からウロコなことがいっぱいで

(トロンボーン経験者だったら、知ってることばかりですが…)

 

また10月に今度は2時間受けようと考えてます。はい。

 

恥ずかしながら、自分の目下の目標

「着物を着て、ジャズを演奏したい」

「それができたら、海外で着物で抹茶お点前して、ジャズやってみたい」

を言ったら

 

めっちゃええやないですか!!

 

って、同意してくれて

 

まったく笑われなかったのが

 

なにより嬉しかったですね。ええ。

 

 

いや〜〜

 

トロンボーンがより楽しくなりましたね。ええ。

 

 


今日の一曲

Cannonball Adderley

「Autumn Leaves」

今はコレを吹けるように、練習してる


 

じゃ、また。