いろいろやる理由

多くの方々から

「本当、次から次へといろいろ手をつけるね」

と言われますが、

当の本人は

あんまりそんな意識もないです。はい。

 

で、「なぜそんなにいろいろやるんですか?」とも聞かれます。

 

まぁ…単純にやりたいからなんですけども。。。笑

 

実はそんな深い理由はなくて、

やってきた中で、発見や、気づく点が新鮮なので

それが、いろいろやる理由なのかもしれません。

 

とはいえ、きっかけは

 

なんとな〜く、

「やってみたい」

「あ、なんか面白そう」

「これは、、、自分でもできそう」

って感じで手をつけていくんですけど

 

逆にみなさんだって、

外食する時って、「店をどういう理由で選ぶの?」

 

って言ってるようなもので、

 

単純にそこの料理が食べたいからですよね?

 

そんな軽い動機ですよ。

 

ま、最もらしいことを書くとですね

 

ずっと同じ業種でやってると、いわゆる麻痺をしてしまうんですね。

 

それと、僕に限ってかもしれないですけど

経験年数が長くなればなるほど、アイデアの幅が狭くなる感覚があります。

枠を超えない感じというか。

 

できる範囲で考えるようになってしまうので、無知ゆえの斬新さとか無謀さってのが、

悪い意味で無くなっていくので、つまらない発想しかできなくなる。

 

経験って大事なんだけども

経験年数が長くなればなるほど

皮肉なことに、アイデアには経験が邪魔をするんです。

 

だから、違う職種や業界に足を突っ込んで

鮮度を取り戻す感じです。

 

だから、僕の場合だと

美容師を27年やってて

27年間もやってると、どうやったって

大きな失敗をしないわけです。

 

それは一見、良いことのようにも感じるけど

反面、面白くなくなっちゃうんですね。

 

そして、ヘアスタイルを考える時も

経験則に沿って考えてしまうから、枠を超えない発想になる。

 

だから、他の業界に首を突っ込んで

 

知らないことを吸収して、それをお土産に美容師業に持ち帰ると

組み合わせの幅が広がるじゃないですか。

 

ま、そういうことなんです。

 

 

ただ、これは正直

 

後付けの理由です。

 

いろいろやってって、実はこういうことだなって後で気づいたことです。

 

 

やりたい衝動や、やってる理由は

 

シンプルに「やりたいから」です。

 


今日の一曲

daft punk が2021年の2/22に解散しました。

YouTube上でEpilogue がdaft punk最後の映像です。

 

てことで、daft punk

僕がいちばん好きな曲

有名なのはこの曲

One more time


 

じゃ、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。