2020年 個人的BEST音楽

さっ!

これもブログ読者は

 

まっっっっっったく興味がないでしょうけど、

 

僕は個人的にやってて楽しい回ですね。ええ。

 

 

ということで

 

去年2020年にリリースされたもので

僕が個人的によく聴いた曲をランキング形式で、ご紹介したいと思いますっ!

 

 


第1位

SAULT

UKのトリオで

多彩なジャンルで、さらにいろんな要素を上手くMixするセンスには脱帽。

とにかく、ダントツによく聴いた


 

 


第2位

Common Saints

これもUK

60’sや70’sのソウルやファンク、サイケを織り込んで

メロウに仕上げてるのが、聴いてて気持ちいい。


 

 


第3

Disclosure

これもUK

ランニングの際に聴くマストな作品。

とにかく動きとシンクロしやすい。

これは、ついつい体が動いてしまう。


 

 

 


第4

Mama Odé

これもUK

つぶやき系の静かなラップに、ハイハット使いがアクセントで

落ち着いて聴けるHiphop


 

 


第5

Soft Power

フィンランドはヘルシンキの

ジャズ・ファンクをベースにプログレもある、メランコリックな感じが好き


 

 

 


第6

Tall Black Guy

USのトラックメイカー

ゆらゆらと身を委ねて、聴いてられる。


 

 


第7

STUTS

わが日本のトラックメイカー

この曲から3曲続けて、聴くととにかく気持ちいい!
高速走りながら聴くのに最高。


 

 


第8

The Westerlies

トランペット2人、トロンボーン2人の4人組

吹奏楽っぽいJazz

2つの楽器だけで構成されてるけど、ちゃんと奥行きのあるサウンドで
聴き入ってしまう。

僕がトロンボーンを吹いているってのもある


 

 

 


第9

Misha Panfilov Sound Combo

アンビエントっぽさもある気持ちいいJazz

とにかく僕は気持ちいい曲が好き。


 

 

 


第10

Nubya Garcia

UKのサックス奏者

Jazzの垣根を越えて、様々な要素をMixしつつ

でもちゃんとJazzになってるのがすごい。

聴いててアガる。


 

 

と、まぁ

 

2020年に聴いた曲 TOP10でした。

 

 

ほんまはTOP100までやりたいんやけど

 

興味ないでしょ? 笑

 

だからTOP10までで。

 

また、リクエストがあればやります。

 

でもないやろな 笑

 


今日の一曲はお休みします。


 

 

じゃ、また。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。