栃木県の旅 – 那須 その2 「アートビオトープ」

前回のつづきから

栃木県の旅 – 那須 その1

 

黒磯エリアを後にし

 

2つ目の目的

 

アートビオトープ へ

宿泊もここでするんですが

 

一番の目的は 以下の

「水庭」 です。

 

160個の水たまりがある、庭です。

 

木々の反射が素敵です。

 

この水たまりには、おたまじゃくし や アメンボ などが生息していて

 

人工的に作ったのに、様々な生態系を生かした庭です。

 

外灯もないから、夜は月明りのみ。

鳥のさえずり、川の流れ、風、葉っぱのこすれる音しか聞こえないので

心地良いです。

 

うちの家族は ひょっこりはん で楽しんでます。

一日の時間の経過と

季節移り変わりで庭も変化するので、

自然のアートといえます。

この庭を見尽くそうと思えば、4季節の1日を見ないとすべてを堪能できません。

 

水たまりの水は、庭のとなりにある沢から取ってるので

常に循環してるとのこと。

 

では、宿泊施設に戻りましょう。

 

エントランスに入り

 

ここにも庭があります。

 

庭でお茶したり読書もできます。

 

イノシシの罠に引っかかってしまってたワンちゃんを保護して、そのままアートビオトープの看板犬として共生することに。

 

ここは宿泊者のみ使えるシェアスペース

くつろいだり、ピアノを弾いたりできます。

 

 

レコードを聴きながら本も読めます。

 

ものすっごい小さいアート作品もあります。

 

部屋はいたってシンプルな感じ。

ベッドがシモンズ製なので寝心地はめちゃくちゃ良いです。はい。

 

夜の庭はライトアップされてます。

エントランスもライトアップ。

 

ということでディナータイム。

 

前菜

主食 はパン

 

ラタトゥイユにつけてパンも食べます。

 

メインはサーモンか

ポークを選べます。

 

僕はサーモンを。

 

歳取ると、なんで肉より魚になるんでしょう???

 

デザートもありましたが、写真撮るの忘れました。

 

ディナーってお腹パンパンになりません?

 

お腹がパンパンなので、少し外を散策。

 

実は本当はこっちに泊まりたかったんです。

アートビオトープの隣にある、

星野リゾート  リゾナーレ那須

ちょっとだけ中に入って見させてもらいました。

 

光の回廊が素敵。

 

で、朝。

沢の音で目が覚めました。

朝の水庭はさらに静かで、そして関西と違って涼しいです。この日の朝の気温21度でした。

 

そして朝食。

意外にガッツリと量感あります。

普段、朝食はグリーンスムージーとブラックコーヒーのみの僕にとっては

かなりの量でした。

ご飯には卵もかけれて、久しぶりに卵かけご飯を食べましたわ。ええ。

 

そして、締めにフルーツの盛り合わせで

朝もお腹がパンパンに 笑

 

そんな感じでアートビオトープの1日の堪能したわけです。

 

 

次回につづく。

 


今日の一曲

Bentley

アンビエントっぽいスピリアルジャズ


 

 

じゃ、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。