[コミック版]  風の谷のナウシカ

めっちゃ今さらなんですが、

はじめて、風の谷のナウシカ(コミック版) を

 

読みました。はい。

 

きっかけは、友達と話してる時に

 

映画館でジブリの旧作品を上映してるって話を聞いて

 

それで、ナウシカの話が出て

 

そういや、映画とコミックと

話が違ってたような…っていう記憶があって

そうこうしてるうちに

YouTubeで

中田のあっちゃんが

中田敦彦のYouTube大学

タイムリーにコミックの解説をしてて、俄然興味が湧いちゃって

 

ネットで全7巻 大人買いしました。

 

で、読み終えて思うのは

 

めちゃくちゃ面白い!

あ、めちゃ浅い意見ですね 笑

深いんです。

これも浅い意見ですね。

 

1983年の作品ですけど、ちっとも古さを感じさせないのが

ほんまに不思議です。

描写も上手いし。

 

これで、ナウシカはコミック版映画版とみたわけですが

 

まったくの別物です。

いや、厳密に言えば映画は、コミックの途中で終わってる感じです。

 

さっき、面白いとか深いとか浅いこと言いましたけど

 

ひっじょ〜ぅに考えさせられる内容ですね。

 

歴史上考えれば、いつも

つくづく人間至上主義やなと。

まさに今の世の中もそう。

 

・エネルギー問題

・ナショナリズム問題

・資源問題

・環境問題

・ウイルス問題

 

やっぱりね、排除の考えは良くないんだなと。

共存なんですよ。ええ。

良いも悪いも綺麗も汚いも、共に生きていくものなんですよ。

 

そして、なにより自然と共存ですね。

 

それは頭ではわかってんだけど、どうしても人間の都合の良いようにやってしまうよねぇ…

 

 

僕もちょっとは、意識を続けようと思ってるけど

 

すぐに欲望に走ってしまう 笑

 

そんな2020年の7月です。

 

 

 

ナウシカは、あらためて見るべきだし

 

考えさせられる作品だってことです。

 

かつマンガとしてグイグイ読ませる魅力もあります。はい。

 


今日の一曲

matt kivel

気持ちの良いアンビエント。


 

 

じゃ、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。