懲りずに曲作り

え?まだやってんの?って?

 

そりゃ、やってますよ。ええ。

 

だって、曲作り楽しいですもん。

 

ただね、何回も言いますけど

 

曲を作るっていうのは、ほんまにめちゃくちゃ大変で難しいです。はい。

だけど、素人なりにもなんとか出来上がった瞬間

ものすごい達成感があるんですよ。うん。

 

それがやめられないから、曲作りを続けてます。

(別に曲だけに限らず、 ” ものづくり ” ってそういうところがあります)

 

生み出すのは、毎回大変なんだけども

 

「完成までもっていった」

 

っていうのが大事で、たしかな自信がつくんですよ。はい。

 

え?そんな語りはもうええって?

 

はいはい。でもこれ↑ めっちゃ大事な話なんですけどね。ええ。

 

で、曲です。

ジャジー な Lo-Fi Hiphop

 

ジャジー かつ 宇宙遊泳的な Lo-Fi Hiphop

 

90’s な クラシックハウス

ベルリンに初めて行った時に、地下鉄(U-Bahn)に乗って

地下から地上に出て、

中心地に向かうにつれ乗客も増え、地上からまた地下へ潜り

スピードを増しそして中心駅(アレクサンダープラッツ)

へゆっくりすべり込む

その体験をクラブ・ミュージックの地 ベルリンにちなんで

音楽で表現してみたんです。

 

で、インスタでは日本のフォロワーさんは、ほとんど食いつかないですけど 笑

海外のフォロワーさんはけっこう食いついてくれて

ダウンロードもしてくれて

音楽文化の違いを痛感しますね。ええ。

 

ダウンロードはこちらからできます。

 

 

現在9曲の曲を作りましたけど

 

あらためて、全部聴き返すと

 

恥ずかしいところも多々あって

 

直したいとこだらけなんですが

 

まぁ、これが実力ってことで…泣

 

作り続ければ、そのうちもっと上達するでしょう。


今日の一曲

Kush Jones

Disco寄りのHouse


 

じゃ、また。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。