10万円の給付金

もう貰いましたか?

 

僕の自治体は、まだ入金されてませんでした。

 

申請は先週しました。

 

で、この10万円

 

僕は世帯主で、嫁さん、子3人いますから

計50万円が貰えますけど

 

僕は、それぞれに分配します。

 

そう、家族全員に10万円ずつ。

 

子供の年齢が25歳、23歳、19歳

と大きいからですか?なんて聞かれるんですけど

僕は、たとえ子供が3歳だったとしても

10万円を渡しますね。ええ。

 

 

いや〜世の中の金持ちさん、富豪さん、ほんまに感謝です。

(金持ちの収める税金で、この世は成り立ってるから)

 

 

お客さんの中には、この給付を

 

「旦那が、独り占めするんですよ!どう思います?」

って旦那さんが、貯金に回すことに憤慨してる主婦もいたり、

 

「嫁さんが8割取って、幾らかだけ家族に…」

と切ないことを話してる男性もいたり、

 

「元々、なかったものだから経済に回す」

って夫婦もいたり、

 

「後の家族旅行に取っておく」

っていう主婦もいたりで

 

みんなそれぞれやな〜と。

 

まぁ、そのことについては特になにも口出しはしませんけど、

 

中高生達がカットに来た時に

 

「元々なかったお金を、理由を付けて親が取るのが(渡してくれない)納得いかない」

ってほぼ全員が言うんですね。

 

これには、僕も激しく同意しますわ。ええ。

 

 

 

僕は、なんで10万円を子供に渡すかっていうと、

お金の使い方、増やし方を

自分で実践してほしいからなんですね。ええ。

 

もし10万円を11万円に、子供ができたとしたら

世の中のしがないサラリーマンよりは、生きていく力があると思うんです。

(労働して与えてもらうだけで、自ら稼ぐ思考ではないから)

 

 

「もし自分の子供が10万円を100万円に増やしたら?」

 

めっちゃ夢がありませんか?

 

これを、先の人たちに言ったら

「そんなことあるわけない!」って、見事に否定されました 笑

 

それは、子供の可能性を信じてないし

お金は「こう使うもの」って決めつけてしまってるからなんですね。

 

 

実際にあった話をしましょう。


 

日本の場合

高校の文化祭で、もっと盛大にイベント感を打ち出したことをやりたいと

高校生の一人が考え

先生にそれを言うと、「お金がかかるからダメ」と言われ

自分たちで調達したらOKか?と聞くとそれなら問題ないと言われたので

クラウドファンディング 

(インターネット上で自分の想いや活動したい内容をアピールし全国から資金を募る)

 

を使って、募ったところ

実際に16万円必要だったのが

最終的には44万円も集まったと。

 

で、文化祭は大盛況!!!  で終わったんですが、

 

後にこのクラウドファンディングでの資金集めに

学校側が問題にし、一種の恐喝(かつあげ)に当たると判断され

この高校生は退学処分を受けるというオチまでついてます  笑

 

学校側の判断が、ほんまに意味不明ですが…

(認識や価値観、道徳観、方法論が、まったく世の中のスピードに追いついてない)


 

海外の場合

 

高校生のクラス全員を4〜5人のグループで分け

50ドル(約5500円) を各グループに渡し

「1週間の期間、どんな手法でもいいから、50ドル以上に増やすこと」

を条件に

スタートしてみた結果

 

1位のグループ

なんと!約5000ドル

 

50ドルで空気入れを買えるだけ買って

1ドルで空気を入れるサービスを始め

開始2日目で、1ドルのお金が入ることよりも

「空気を入れるだけで、感謝される」ことに気がついて

 

そこから空気入れは無料化し、代わりに寄付制に切り替えた途端

 

人によって寄付の額が大きく違うことに注目し

 

額の違い = 満足度 と捉え

 

この実践レポートを元に、

満足度を上げることがより多くの金額を対価として受け取ることができる」

 

というプレゼンを3日間いろんな会社にプレゼンし、4500ドルで

この案を買い取らせた。

 

 

めっちゃ夢がありますよね。ええ。

 

 

2位のグループ

人気の飲食店に「代わりで並んだり、予約を取ってそれを売る」サービスで

約2000ドル

 

時間帯や、お店をランク付けし

それによって価格を変動させ売った。

 

これも、いいですね。ええ。

 

労力と時間を、お金に変え

かつ人気順で金額を変動させ、

しっかりとそれをさばいたのが素晴らしいです。

(金額の高いものを、いかに夢を与えて売るかがカギです)

 


 

若いからって、お金の使い方、増やし方を知らないなんてことはないんです。

(もちろんその子にもよる)

 

10万円を貯金するのも

 

別にいいんですけど、

 

元々なかったお金だからこそ

 

投資するチャンスだと、僕は思います。

 

自分の頭で考え、自分でお金を獲得するっていうのは

 

与えられた宿題をこなすよりは、よほど価値のある勉強だと思うんですよね。うん。

 

 

なにも10万を丸々渡さなくても

 

500円を、501円にさせる実験をしてもいいと思うんです。

 

 


今日の一曲

Guadalupe Gómez

今の季節に心地よいラテンアコースティック


 

じゃ、また。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。