これからはEV車でいい

なんてタイトルを書くと

車好きからは、めちゃくちゃ否定されそうですが…笑

 

でもね、僕はこの先

冗談抜きで、車は所有したくないし(使う時だけのシェアでいい)

ガソリンエンジンの車はいらないと思ってます。はい。

 

そういう意味でもEVでいいと思ってます。はい。

 

EV車には2種類ある

 

で、EV車つっても

2種類ありましてね

・純粋に100%電気だけの電気自動車 = BEV (バッテリー式電動輸送)

 

エンジンと電気を組み合わせた = PHEV (プラグイン・ハイブリッド電動輸送)

 

 

僕の推してる EV って言ってるのは

BEVの方です。

ガソリン・軽油を使わない、100%電気の自動車ってことです。

 

別にね、環境に良いからってそんな建前な意味じゃないんです。

実際、電気作るために、発電所はものすごいエネルギー使うので、環境面では実は微妙です。

 

EVで大きく変わること

 

EVになると

なにが大きく変わるかっていうと

部品が、かなり減る!ってことなんですね。ええ。

 

1.まず、エンジンが要らない。

(モーターに変わるから)

2.それにエンジンを冷やすラジエーターや様々なパーツ・液体も要らない。

3.ガソリンを燃焼させることで出る排気ガスを送り出すマフラーも要らない。

4.タコメーター(エンジン回転数)類、水温計、様々な警告ランプも要らない。

5.車載用バッテリーも要らない。(電池でいいから)

6.タイヤの回転数の差を調整するディファレンシャル(デフ)も要らない。

7.ガソリンタンクも要らない

 

これだけで、ものすごい数の部品が減るんです。

 

EV車(BEV)の最もいいところはココだと断言していいでしょう。

 

だってこれらが無くなったら、点検や交換をする頻度が劇的に減るので、

(実際、パソコンのようにアップデート等でいかようにも変えられる。タイヤなどの消耗品は別です)

ムダな費用もかからないわけです。自動車税だって安くできます。

 

今後の自動運転には、モーターの方が電子制御しやすいってのも利点があります。

 

航続距離(一回の充電で走れる距離)が、まだまだ短いって言ってる人もいますけど

(でも300km〜600kmぐらいになってきてる)

そもそもほとんどの人が、一日にそんなに距離を乗ってないし

これはテクノロジーの発達でグングン進化すると思います。

・ボディをソーラー化する

・タイヤの回転で充電する

・道路そのものを非接触充電できるレーンを作る

・電車のインフラを利用する(常に電気が通ってるので)

(僕が思いつくだけでもこれだけサッと思いつくので、世の中の頭いい人はもっと思いつくはず)

 

もう一つのEVのメリット

夜間電力の安さを考えて、みんな各家庭で夜間充電することで

コストも下げられる

(石油の輸入に頼らなくていい)

 

だから僕はこの先はEV車で良いと思ってるんです。

わかってもらえましたか?

 

でも日産のリーフは嫌なんです 笑

 

単純にカッコ悪いから 笑笑

 

どこのEVが気になる?

 

個人的に気になるのは、まずはアメリカのTESLA (テスラ)ですね。

 

ダントツにカッコいい。うん。

出典 : Tesla

 

 

衝撃なのは、このCYBER TRUCK(サイバートラック)です。(テスラだからできるデザイン)

斬新だし、アイデアもスゴいしめちゃくちゃカッコいいです。はい。

出典 : Tesla

 

そして、TESLA (テスラ)

の乗用車モデルのラインナップは

S ・3・ X・ Y の4つだけ。(トラックとスポーツカーは除く)

そうです。

 

SEXYなんです。 「セクシーな車を」っていう発想なんですね。

(モデルEだけ商標登録が取れなくて、しかたなくEを反転させて3にした)

 

なんで、こんなに思いきれるのか?

 

それはCEOのイーロン・マスクが車屋出身じゃないから、できたことなんですわ。ええ。

「車はこうでなきゃ!」って固定概念がないんですよ。とにかくセクシーに。

 

で、次々と各メーカーもBEVを作り出しててて

PORSCHE(ポルシェ)   のTaycan タイカン

出典:Porsche

 

Audi (アウディ)  の e-tron

出典:Audi

 

FIAT (フィアット)  のNEW500

出典:Fiat

 

 

あたりですかね。

 

 

日本はBEVがなぜ少ない?

 

なぜ日本ではBEVは、ほぼなくて

(たぶん日産のリーフと三菱のI(アイ)だけだったと思う)

 

PHEV (プラグインハイブリッド)もしくは HV(ハイブリッド)なのか?

 

日本って車業界が、いろいろとおんぶに抱っこの利権だらけなんですよ。

先にも言ったように

エンジンが要らなくなると

・エンジン屋は困るわけです。

・マフラー屋さんも困る

・あらゆる部品屋さんが困る。

・ガソリンスタンドも困る。

・町の整備屋さんも困る。

・ディーラーは統合されて、差別化が難しくなる。

・ガソリン減ると、税収減って困る。

だから、未来と現在の双方を生かせるようにハイブリッドなんです。

日本っぽいっすよね〜笑

どっちつかずっていうね。

 

でもね、このEV化の流れはもう止められないので

 

今はトヨタも勢いを失ってませんが、遠い将来

いまの日本の家電メーカーのようにキツい状況が待ってる気がします。。。

(トヨタが抱えてる、部品会社、ディーラーなどが不要になってくる)

 

 

エンジンが無くなると、

車はどの会社でも作れるようになる

 

車を作れる会社が限られてたのは

エンジンを作れる会社しか作れなかったからなんですね。

で、エンジンを作るにはとてつもない研究と技術が必要で

そのへんの会社が車なんてとてもじゃないけど、できないんです。

 

でも今、掃除機で有名なあのダイソンも車を作ろうとしてます。

 

それはなんでか? EV車はエンジンは要らなくて

モーターがあれば走ります。

ダイソンは静かで超高速かつパワフルなモーター作りが

めちゃくちゃ上手い会社なんです。

だから、モーター作りのノウハウを車に注ぎ込もうとしてるんですね。

 

これからの将来はモーターとバッテリー(電池)が

会社の生き残りを左右する時代へと変わると、個人的に思ってるんです。

 

そして、モーターになるとパワーと持続性の問題だけになるので

各メーカーの差別化が難しいんですね。

だから、というものがどんどんコモディティ化(モノとしての価値が無くなる)していくので

もう所有する必要はないし、

ほとんどの人が年間で車を置いてる時間の方が長いので

それらをライドシェアすればいいんです。

そしたら駐車場だってそんなに要らなくなるし、余計な経費を払わなくて済むんです。

 

長々とまじめに読んでいただいた方、ありがとうございます。

 


今日の一曲

Supreems

ハウス


 

じゃ、また。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。