ノット・オーケー (原題 : I AM NOT OKAY WITH THIS)をみた。

いやいや〜

昨日から始まりましたね〜

 

楽しみにしてたんです。ええ。

 

え?何?って

 

「ノット・オーケー」 でんがな。

 

原題は I AM NOT OKAY WITH THIS です。

なのに邦題はどうしてノット・オーケーなんだろ???

ダサいし、意味合いが変わりません???

僕の感覚だとI AM NOT OKAY WITH THIS は「認めない」って意味だと思うんですが…

 

でね、昨日の2月26日から始まったんですよ。

 

ドラマでね、

 

NETFLIXオリジナルのドラマなんです。はい。

 

なんで楽しみだったかっていうと

これもNETFLIXオリジナルのドラマ

ストレンジャー・シングス と同じ総指揮プロデューサーが

Shawn Levy (ショーン・レビ) だからなんです。はい。

これも面白いのでぜひ!

 

で、話を戻してノット・オーケーですけど

主人公である、高校生のシドニーが

超能力があることに気づくけど、上手くそれをコントロールできなくて

思春期も相まって悩む話です。

 

それで、主人公役の

ソフィア・リリスが表情豊かでキュートなんですわ。

 

 

他にも、映像に惹き込まれるんですよ。

 

いちいちオシャレというか ←安っぽい言葉で嫌なんですけど 笑

 

構図とか勉強になるし

 

アメリカっぽいんだけど、THEアメリカじゃないんですよ。

インテリアとか、

(キャストのキャラクター性にマッチするように車内の内装も、革を全部キャメル色に張り替えてると思う。シートベルトまでキャメル色)

橋の下で話すシーンだって、ポップな壁画を描いてたりしてて

(撮影のために描いたと思われる)

 

映像のテイストが、少しヨーロピアンな感じというかね。ええ。

(カラーグレーディング(色調整)がシネマティック)

 

そして音楽のチョイスが良い。

(僕も好きなアーティストの音楽をたくさん使っている)

 

エンディングが毎回曲が違うので、ついついエンディングロールを見てしまう。

 

てことで

 

このI AM NOT OKAY WITH THIS (ノット・オーケー)

について

語り合いたいんだけど

NETFLIX 観てる人が僕の周りには

ほんまに数人しかいなくて、しかもパッと会える人達じゃないから

この辺が、今のストレスです。はい。

 


今日の一曲

Peggy Sue

サーフ・インディPOP


 

じゃ、また。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。