本を聴く

僕ね、本を読むの好きなんですけど

なかなか読む時間がないんですよ。ね。

だから、ナナメ読みしちゃうことが多いんですけど

 

なかにはですね、読むんじゃなくて

聴ける本もありましてね

 

本を読んでくれるサービスがあるんですよ。ええ。

そういうのをオーディオブックって言うんですけど

 

使いだしたら、めっちゃ便利で

本によっては読むより聴いた方が頭に入ってきやすいのもあります。はい。

 

今はラインナップもだいぶ増えてきてて、ようやく日々使える感じになってきたなぁと。

 

僕はね、さかのぼれば

iPodで車に繋いだり、ランニングの際にイヤホンで聴いたりしてて

使いだして7年ぐらいは経ちましたかね。ええ。

 

だから、今でも相当使っていて

 

以前は

Audiobook (オーディオブック)という

まんまの名前のサイトとか使ったり

iTunes (アイチューンズ)で買ったりしてましたが、

 

今は、もっぱら

Amazon が運営してる

Audible  (オーディブル)で聴いてます。


スマホアプリはこちら

iOS版

Android版

 

月額1,500円 (初月無料)

とちょっと高めですけど

毎月Audible専用のコインをもらえて

そのコインで買えるので(実質タダ)、お得?なんかどうかわかりませんけど

僕はそれを使ってますねん。ええ。

 

 

本を聴くっていうのは、慣れない方もいるかも知れませんけど

 

灯りが暗いとか

本を広げにくい状況とか

目で読めない時にめちゃくちゃ便利です。

 

車で聴く

家事しながら聴く (ワイヤレスイヤホンがあればストレスフリー)

作業しながら聴く (ワイヤレスイヤホンがあればストレスフリー)

ウォーキングで聴く (ワイヤレスイヤホンがあればストレスフリー)

仕事しながら聴く

 

しっくりくるイメージとしては

 

ラジオの感覚ですね。ええ。

 

 

 

で、僕が聴いたものは

 

ビジネス書とか

自己啓発系の

意識高い系の本なんですけど 笑

読むと、ちょっとしんどいのも、音声で聴くとすごい進めやすいですよ。ええ。

 

例えば

サピエンス全史 とか

 

人間の歴史がわかる本です。

 

LIFE SHIFT とか

100年時代の生き方

 

嫌われる勇気 とか

アドラー心理学の教えで生き方が変わります。

 

そういや、小説も一回聴きました。

読んだこともあるのにです 笑

「対岸の彼女」  角田光代

 

時間は有効活用できますよ。ほんまに。

 

読もうと思って買っただけで積み上げる

いわゆる積ん読にもならないし。

 

 

電子書籍が苦手って方は

 

オーディオブックの方が受け入れれるかもです。

 

僕は

・紙の本

・電子書籍

・オーディオブック

をそれぞれ使い分けてます。

 


今日の一曲

Say Sue Me

コリアンインディPOP


 

じゃ、また。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。