トロンボーン始めて5ヶ月

早いもんで

トロンボーンを始めだして

5ヶ月経ちましてん。

 

プロからもレッスンを受けるようになって

 

自分でも日々成長は感じられるものの

 

毎日、安定した演奏ができるかっていうと

 

そうでもなくて

 

もう、バラつきが激しいのなんのって(笑)

 

そして、オフレコ(録画なし)では順調に吹けてたのも

カメラ回しだすと途端にグッダグダになりますねん(笑)

 

これは、なんとなく感覚ですけど

メンタルとそれに連動する体の少しの強張りが影響してる気がします。

 

「ええとこ見せたろ!」っていうゲスい見栄や

とか

「間違えずに吹かなきゃ!」っていう妙な緊張感

とかがメンタルに影響して

それにともない、体にヘンな力みが入り

そして失敗するっていう。。。

なんともな感じですわ。ええ。

 

で、YouTubeもアップしてますんで

よければ見てやってくださいな。

ついでにチャンネル登録もお願いします!

チャンネル登録するにはGoogleアカウントを作成する必要があります

 

そしてYouTube投稿は

ほんと難しい。うん。

でもやりがいもあるし、楽しい。

 

大変なのは、間違いないけど

(撮影・構成・編集)

それを上回る学びがあるんです。

 

これはもう、言葉でいくら言ったって

伝わらないし、わかってもらえないと思いますねん。

 

で、話を戻しましてね

 

Cメジャー スケール ってものをはじめて理解しましてね

(いまさら?って感じでしょう 笑)

 

C(ド)から始まる

ド レ ミ ファ ソ ラ シ

C D E F G A B

 

が Cメジャー・スケール

 

スケールは 日本語で“音階”と言います。

 

 

 

日本って呼び名を全部使うから、こんがらがるんですよね…

しかも音楽ジャンルによっても違う。

子供にはド レ ミ

ポピュラー・ミュージックは C D E

ジャズも C D E

クラシックは Cツェー Dデー Eエー

 

なので、これが

音楽理論を知らん人は、頭が混乱するし

覚える気がなくなるんです。

(これは音楽業界が悪いし、統一すればええのにと思う)

 

だから

から始まるスケールは

レ ミ ファ#  ソ ラ シ ド# 

D E F# G A B C#

Dメジャー・スケール です。

 

Fメジャー・スケール

ファから始まって

ファ ソ ラ シ♭ ド レ ミ

 

って感じになります。

 

な感じです。

 

これを理解したのが44歳ってねぇ…(笑)

 

こうやって、演奏も学びつつ

理論も学習してるので

最近、勉強が楽しくてしょうがない日々ですねん。

 


今日の一曲

Anderson Paak 

ソウル・R&B・Hiphop

オリジナルよりもライブの方が音数が少なくて好き


 

 

じゃ、また。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。