3. 粟島・高見島・本島 (瀬戸内国際芸術祭2019)の旅

前回のつづきから

2. 粟島・高見島・本島 (瀬戸内国際芸術祭2019)の旅

 

次に、

思考の輪郭

エステル・ストッカー

旧幼稚園を真っ白に。

以下 Sony α7RIII + SEL3514Z

 

そして、黒い線で(所々は立体)うねりのある表現を。

 

 

これまたモノトーンの着物がよく合う(笑)

 

別室に行くと、黒い線はすべて立体で表現されてます。

 

 

さらに別室に行くと、今度は白黒が反転したパターンが。

 

 

 

過ぎ去った子供達の歌

ムニール・ファトゥミ

 

ここは廃校になった小学校?中学校?を作品にしてて

 

見て回りたかったけど、時間が足りず諦めました(泣)

 

種は船プロジェクト

日比野克彦

これも時間の関係で飛ばしました。

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

ナイト&デイ(人生は続く)/この家の貴女へ贈る花束/Pho…

ディン・Q・レ

これは定休日だそうで。

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

これは作品じゃないです。

旧作品かな?

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

ええ感じのKOMATSUのユンボ

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

着物に草履で、島の坂を駆け下り

(想像してみて。めっちゃおもろいから 笑)

 

猛ダッシュで港へ。

 

PM12:35の高速艇に乗ります。

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

今度の高速艇、ちょっとオシャレな内装。

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

PM1:20 ラストの本島へ。 (粟島から1時間もかかるっ!!)

 

いきなり猫ちゃんがお出迎え。(首輪がついてるから飼い猫でしょう)

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

嫁さんが「腹減った、腹減った」とうるさいのでお昼ごはん。

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

本島スタンド でランチを。カレー。

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

ランチの後、

 

作品に向かうまで、猫がいっぱいいました。

 

この野良猫と飼い猫のコミュニケーションを。(この家はちょっと汚いけど..笑)

以下 Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

野良猫がやってきて、

三毛「すみませ〜ん」

白黒「誰?」

白黒「ああ、あんたか〜。どうしたん?」

三毛「いや〜ちょっとエサもらおうかな思ぅて〜」

白黒「今、のぅなったとこやん〜」

 

な会話をしてたと思います。たぶん。

 

先週の本島で見逃した作品。

 

咸臨の家

眞壁陸二

以下 Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

床には水が張ってあり、風が入るとゆらゆら動きます。

 

 

そして、また慌てて港へ

PM2:35の高速船でまた、高見島に戻り (船便の関係でこうしないと帰れない)

 

高見島で嫁さんの写真の記念写真を撮って

また高見島から多度津港へ船に乗り

 

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

PM16:05に、多度津港へ帰りました。

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

帰ってきて、車に乗り込んだ瞬間

 

大雨が降ってきました。

 

いや〜天気が持ってよかった。

 

 

これにて、僕の瀬戸内国際芸術祭2019の旅は終わり。

 

 

3週に渡り、うんざりな方もいたでしょうが

 

ようやく終わりです。

 

でも、アートに触れるのは

めちゃくちゃ大事ですよ。

 

普段の生活では得られない感性や思考が、吸収できるんです。

 

それをわかってない日本人が多いことが残念です。

 


今日の一曲

Michael Gordon

アンビエント


 

 

 

じゃ、また。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。