3. 本島・高見島 (瀬戸内国際芸術祭2019)の旅

前回のつづきから

2. 本島・高見島 (瀬戸内国際芸術祭2019)の旅

 

本島(ほんじま)から

高速艇に乗って、高見島(たかみじま)へ移動します。

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

港について、すぐ見えてくるのがこれ↓

積みかさなる白と空白

鎌田祥平・並木文音

以下すべて Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

高見島も港を出ると、左右どちらかに行かないといけません。

右側に行くか、左側かで体力の消耗度合いが全然違います。

 

僕は左に行き

 

まずこの作品を。

 

時のふる家

中島伽耶子

 

古民家の外から、こうやってアクリル板を差しているだけで

 

わずかな隙間の光だけで、このような演出に。

 

 

 

さらに海側に行くと、この作品↓

Long time no see

PARANOID ANDERSONS

一軒家を解体して、再構築した作品

 

 

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

次は島の右側にいきます。

これは今回の作品ではないんですが、過去の作品???

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

ちょっと面白いキリンを越えると、けっこう急な坂で細い道が続きます。

この日は暑かったので、登る体力はあるけど、暑さがきつかった。。。

(着物に草履ですから。想像してみてくださいな)

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

坂が急なんですけど、風情はありますよねぇ。うん。

独特の石垣に坂の小道。良いです。

以下すべて Sony α7RIII + SEL3514Z

 

まなうらの景色

村田のぞみ

島の人達の時間の積み重ねや記憶を、古民家の空間で白いステンレスを紡いで表現

 

 

 

 

この人達の先(左へ直角に曲がる)は、20mほどの恐ろしい行列だったので

ここの作品は断念しました。

 

過日の同居

藤野裕美子

岩絵具と麻紙で島の人々の時間の経過を表現。

天候と時間帯で色や見え方が変化する。

 

 

 

 

家の”メメント・モリ”

ロサナ・リオス

 

1Fは島の住人の記憶をブラックライトに照らして表現

 

 

 

 

 

2Fは切り絵で表現

 

 

次回につづく。

 


今日の一曲

Gym and Swim

バンコク発 インディーポップファンク

邦楽っぽい

 


 

じゃ、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。