3.思いつきの旅 小豆島 (瀬戸内国際芸術祭2019)

前回のつづきから ↓

2.思いつきの旅 小豆島 (瀬戸内国際芸術祭2019)

 

次に

 

明日の海

以下すべて Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

これは、とても好きな作品でした。

順路にそって、各部屋を見ていくんですが

上手〜く古民家を活かした、インスタレーション(空間芸術)の例ですね。ええ。

 

まずは朽ち果てた倉庫にミラーボールでキラキラ。

このミスマッチなコントラストが良いです。

 

次に台所での、時計の針が動いてる音は別のどこからかしてて

実際に針は動かず、時計が回ってる。

 

そして居間での、障子回転 + スクリーン代わり

 

よーく部屋を見ると、いろいろ床に転がってるのも面白いです。

 

また障子に投影される海の映像がキレイでなんかいいですね。

 

 

昔の人の技術力ってスゴいしセンス良いなぁって思いますね。

 

締めの庭でのミラーボール

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

海沿いの木々に隠れて立ってるのが

潮耳荘

 

廃材で作り上げてます。

 

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

以下すべて Sony α7RIII + SEL3514Z

 

中に入ると

 

丸い穴が2つ。

近づくと、ほんの少しの風圧と波の音が聴こえる。

 

天井は見てて「わぁーっ」てなりますが

雨は凌げそうにないですね。。。

 

外に出て、裏側に回ってみると2本の管が。

 

けっこう大きい集音口

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

背後には穏やかな瀬戸内海。

 

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

本島から見る瀬戸内海と

島々から見る瀬戸内海って、なんか違うんですよね。

より波が穏やかだから、太陽光の反射でキラキラしてて、

水もキレイで、同じ瀬戸内海でも良さが全然違うっていうか。

 

次回につづく。

 

 


今日の一曲

Simba

ソウル+ハウス


 

じゃ、また。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。