2.思いつきの旅 小豆島 (瀬戸内国際芸術祭2019)

前回のつづきから↓

思いつきの旅 小豆島 (瀬戸内国際芸術祭2019)

 

お次は

ジョルジュ ギャラリーの裏にある

 

静寂の部屋

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

受付を済ませたあと、

そのまま進むと

いきなり真っ黒な部屋。

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

右側の入り口を入ると

 

なんともステキなモノトーンの世界が。

以下全て Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

またしても受付の方に

「着物良いですね!写真撮らせてください!絶対映えますよー」と

カメラを渡して撮ってもらいました。

 

 

いやー見事にグレー一色。

 

壁の右の部分は作品の意図で、敢えて窓を埋めた感じですね。

 

桜だけピンクっつうのが良いじゃないですか。

 

アーティストである、ハンス・オプ・デ・ピークが

すべてを作ったこの根性がスゴいです。

Sony α7RIII + SEL3514Z

 

 

 

 

 

 

池はアクリル板ですけど

光の反射で、水面っぽくなる計算までしててスゴいなと。

 

 

 

 

 

しかし、かなり精巧な作りで

「すんげーなしかし」と、感心しますわ。

 

 

で、また車移動して

今度は三都半島エリアへ

 

 

花寿波島の秘密

これは..あんまりだったな..

 

 

 

過去と現在の山にのぼり、銀未来の海をながめる

1階の解像度の低い写真が過去で

 

2階の障子と天井に描いてる風景が未来 という意味だと思う。

 

 

 

 

天井にビーチの様々なゴミを描いてる (頭を抱える問題ということで天井かと憶測)

 

床の間には鳶。海には必ずいます

 

暑かったので、隣のお店でお茶を。

こういう昭和な店は頑張って欲しいなと思うんです。

Leica M-P 240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

Utopia Dungeon

ユートピア ダンジョンなので、迷路風な作りです。

柱と大引だけを残して、数々の細い木には苔を載せてあります。

 

苔だけが生き残って、それが増殖してて

それをユートピア表現してるんでしょう。

 

 

2階は、梁がけっこう低くあるので、頭をぶつける人多数。

 

探検感覚でアートを楽しむ狙いなんでしょう。

 

 

次回につづく。

 

 


今日の一曲

Madison McFerrin

エレクトリックR&B


 

 

じゃ、また。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。