京都のつづき 南禅寺

前回の投稿のつづき

Leica Store京都 と 金地院

 

金地院を堪能した僕は

 

それだけで充分だったんですけど

 

せっかくなので

 

敷地内にある

 

南禅寺も行きました。

Leica M-P typ240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

南禅寺はなんつっても

石川五右衛門の名セリフ「絶景かな、絶景かな」の

高さ22mの、どでかい三門ですわ。ええ。

50mmレンズじゃ、まったく収まりきらない。。。

 

Leica M-P typ240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

iPhoneのデフォルトレンズ26mmでも入りきらない。

 

iPhone 11 Pro 超広角の13mmでやっと入った ↓

(でもパースがかかりすぎて気持ち悪い)

 

 

柱が超ぶっとい。

 

みんなが通り際に触るから、この部分は白っぽい色なのかな?と。

Leica M-P typ240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

僕はこうやって、日本の門を額縁にして

写真撮るのが好きなんです。

Leica M-P typ240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

めっちゃでかい灯籠 (6m)

東洋一  大きい灯籠なんだそうで。

Leica M-P typ240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

500円払って、三門を登ってきました。

Leica M-P typ240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

こういうのってほんまに素晴らしい技術力やなぁと感心します。

Leica M-P typ240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

や〜「絶景かな、絶景かな」

ビルのない時代はもっと絶景やったでしょうねぇ。

Leica M-P typ240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

22mは思ったより高いです。

人がこんなにちっちゃいもんなぁ。

Leica M-P typ240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

本堂はここから眺めただけで、行ってません。

Leica M-P typ240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

 

で、南禅寺から駐車場へ帰ってると

 

ブルーボトルコーヒーがあることに気がつきましてね

Leica M-P typ240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

行きは気づかなかったのに、帰りにはじめて「あらっ」って

 

わかるこの興味のなさ(笑)

 

でもね、店舗は洒落てたんで

写真だけ撮りました。

Leica M-P typ240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

Leica M-P typ240 + Summilux 50mm f1.4 ASPH. 6bit

 

和の建築とヴィヴィッドな水色を上手く組み合わせたなぁと感心しました。

 

 

これで、家に帰りました。

 

 


今日の一曲

DJ Heure

何回も言いますが、和とテクノ・ハウスは良く合うんです。


 

じゃ、また。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。