トロンボーンに夢中 2

この話

まったく興味がない方が多いのか

 

ひっじょーーーに

アクセス数が少ないです(笑)

 

まぁでも良いんですけど。

 

とにかく

 

僕は今、5分でも時間があれば

 

“トロンボーンを鳴らす” ってぐらい

 

絶賛トロンボーンにハマり中です。

 

とにかく日常にトロンボーンがあるんです。はい。

 

なぜにこんなにのめり込んだのか???

 

それはやっぱり、新しい体験だからかと。ええ。

 

で、どうやって

トロンボーンの吹き方とか、奏法とか

ノウハウを得てるのか?っていうと

 

教室でもないし

個人レッスンでもないし

独学か?と言われれば

 

その部類なのかもしれませんけど

 

YouTubeですね。ええ。

 

なんせYouTubeには

 

たくさんのプロのトロンボーン奏者が

 

惜しみなくノウハウをレクチャーしてくれてて

 

それを日々、見ながら

 

真似をしてるだけです。はい。

 

僕がよく見るのは

日本だと

郡 恭一郎さん

意外にビジュアルが好き(笑)

 

おんがっこー さん

ビジュアル & ずっとカンペ見ながら話す感じが好きじゃないけど(笑)

やってることは真っ当なので見てます。

 

dRoiD さん

ちょっとアニヲタの匂いも感じつつ(笑)

だけど、喋りは関西出身だからか面白いし、トロンボーンに関してはためになることも多いので見てます。

 

バジル・クリッツァー さん

日本だけど、日本語ペラペラな外国人のバジルさんが

ものすごく理にかなってて、かつチャレンジしようって前向きに

感じれる教えに唸ることが多いです。

 

海外では、この2つ

Jazz at Lincoln Center’s Jazz Academy と

 

MusicGurus

 

これらを

 

日々、見ては

 

自分に落とし込んで

 

練習してんですよ。ええ。

 

トロンボーンって

 

難しいけど、楽しいし

 

昨日、出なかった音が、今日は出たりする瞬間がたまんないし

 

わずか少しでも、メロディーが奏でられた時は

 

ものすごいガッツポーズなんですよ。ええ。

 

達成感がめちゃくちゃあるんですよ。

 

だから、まだまだトロンボーンは続くと思いますよ。うん。

 

残念ながらアクセス数は下がって行くでしょうけど。。。

 


今日の一曲

Jean-Michel Blais

ドラマチックでクラシカルなインスト


 

 

じゃ、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。