ゴールド免許返り咲き

いや〜〜〜

長かった。。。

 

長かったんですよ。ええ。

僕ね、ここ6年

ずっと苦汁をなめさせられてたんです。

そう!青で3年を2回。

(まぁ、自分のせいなんですけども 笑)

 

その前は立派なゴールド免許だったんです。はい。

 

で、で、ですよ。

昨日この免許更新のハガキが届いてて、

この表の色が黄色なので、もしやと…

 

中を開けると

 

やはり期待してたとおり

ゴールド免許に返り咲いたお知らせですよ。ええ。

 

オッシャーーーー!!!!!!っと。ええ。

 

 

 

思えば、7年前。。。

 

僕はその日、早朝の結婚式のセットがあってね

 

朝6時台なんてね、道がガラガラなわけですよ。ね。

 

で、40キロ制限の一般道をいつものような調子で、

快調にビューンと走ってたわけですよ。ね。

 

そしたら、急におまわりさんが、「止まれ」の旗を持って

 

道路に仁王立ちしてるわけですよ。ね。

 

僕はね、一瞬「え?」と思ったけど

 

瞬時に理解しました。

 

ネズミ取りだと。ええ。

 

こりゃまずい!(汗) と。

 

そして誘導されるまま、車を止めて

 

免許を持って降りてこいと言われ

 

警察「速度超過ですよ」って。

 

40キロのところを70キロで走ってたので

 

警察「30キロオーバーで、赤キップですよ」って。

 

“赤キップ”つったらば、即免停モノの奴ですよ。

 

有無言わさず、免停コースの違反ですわ。ええ。

 

「ガーン!」って。

 

正直ね、こんなスピードを出してしまってた…って罪悪感より

 

こんな早朝から取締するんや…ってショックが大きかったですわ。

 

しかも、警察「あなたは10万以下の罰金が科せれます」と。

 

そして

警察「詳細な罰金は今こちらで決められないから

 

指定の日に裁判所へ行ってください」と言うじゃないですか。

 

そしてそして、警察「あなたの場合、これは立派な犯罪となります。

残念ながら、これから前科が付きますからね」とも言われました。

 

そして、その場で免許を没収され

 

代わりに“赤キップ”を持っておけと。

 

完全に犯人扱いです(笑)

 

裁判所で罰金が決まり次第、免許は返すと。ええ。

 

で、指定された日に裁判所に行きますわな。ええ。

 

裁判所に入ると

もうそれはそれは、違反者だらけなんです(笑)

 

順番に書記の人に呼ばれ

 

裁判官にこんな感じで

裁判官「あなたは◯月◯日 午前6:17 に 姫路市余部区にて40キロ制限の道路を

70キロのスピードで走った。このことに間違いはないですか?」

 

と聞かれ

 

僕は「はい」と。

 

裁判官「では、罰金の提示が決まりましたら、再度お呼びします

 

と超簡易的な裁判で

 

10分ぐらい待って

 

窓口で呼び出され、

窓口「あなたの罰金は6万円になります

 

と言われ

 

痛い罰金6万を払い

 

店に戻り、凹んだ状態で仕事を再開し

 

その数日後

 

免停講習のハガキがきました。

 

この講習を受けることで、1ヶ月の免停が

1日に短縮できるというものです。

 

そしてその講習は8:45〜16:45までで、ほぼ丸一日です。

 

で、講習費 15,000円…

 

罰金60,000円

講習費 15,000円

 

それだけでなくて、お店を1日半閉めることになるから

(裁判所に行った半日と、講習の1日)

 

損失はかなり大きいわけです。

 

そして、そこから自暴自棄になり

(まぁ、なってませんけどね)

 

免許更新のたびに

・ 見通しのいい田園風景のところで、一旦停止で捕まったり

・ 何も考えずトラックに付いて行ってたら、信号が赤になってて

信号無視で捕まったり

・ 運転中に電話がかかってきて、「今運転中やから、あとにして!」と電話を切った先で

警察に携帯所持で捕まったりと

 

踏んだり蹴ったりの状態が続き

(ていうか自分が悪いんですけどね 笑)

 

青で3年免許が続いてました。

 

そんなつらい、苦労を乗り越え

(何回も言いますけど、自分が悪いんですけどね 笑)

 

6年越しのゴールド免許です。はい。

 

やはり、僕はゴールドが似合います。

 

そう思いません?

 

え?どーーーーでもええわって?

 

まぁ、そうっすよね。

 

人の免許が何色かなんて、どうでもええっすよね。うん。

 

 


今日の一曲

Benny Sings

80’Sの匂い漂う現代版シティポップ。


 

 

じゃ、また。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。