僕はヒデヨシ 2

前回からの続き

僕はヒデヨシ

 

僕の両親は共働きだったので

 

日頃は、おじいちゃん、おばあちゃんに

 

面倒を見てもらってました。

 

一人っ子で、

 

おじいちゃん子・おばあちゃん子なので

 

超わがままな子供ですわ。ええ。

 

親と違って、欲しいものがあれば

 

おじいちゃん、おばあちゃんに訴えれば

 

間違いなく買ってくれるし

 

両親がいなくとも、おじいちゃん、おばあちゃんが

 

どこかに連れて行ってくれるので

 

僕は毎日が変化があり

 

楽しかった記憶がいまでもありますね。ええ。

 

そして、4才になって(3月17日生まれなので)

 

1ヶ月もしないうちに、幼稚園に入園します。

 

が…..

 

いかんせん、自由に育ってきたもんですから

 

4月から急に

 

規制された集団生活を

 

強いられるのが、もう本当にイヤでイヤで

 

入園式に行く前も

 

「行かへん!!!」と

 

ギャン泣きだったそうで…(笑)

 

泣いて暴れて

 

とにかく幼稚園に行かせることが、大変だったと

 

オカンは言うてましたわ。

 

その後の登園はとにかく、毎日不機嫌で(笑)

 

おばあちゃんが送り迎えをしてくれてたんですけど

まぁそれはそれは、めちゃくちゃ大変だったと。ええ。

 

当時7:45〜8:15まで、「ひらけ!ポンキッキ」をやっていて

 

これを見てから

登園だったんですけど

BGMとかSEにビートルズのいろんな曲を流していて

それが好きでね

「今日もかかるかな?」と思って見てました。

 

およげたいやきくんは、嫌いでした…(笑)

切なくなるんですよね….メロディーが。。。

 

 

そして、ひらけ!ポンキッキが放送されてる時は

めちゃくちゃテンション高いんです。

 

で、8:15になると登園時間が迫ってくると

 

とたんに「この世の終わり」な、ぐらい

テンションどん底になってたなぁって

 

今でもはっきりと記憶にあります。

 

 

4月生まれの子とは約1年の成長の開きがあるので

 

身長は小さく(もちろん背の順は一番前)

 

メンタルも、自由な環境に育ったせいか

 

集団行動をさせようとする先生たちには、心の扉を閉ざしがちだったと思います。

 

それにヒデヨシなのに

漢字が「英利」だから「ヒデトシくん」って言われるんが

 

もう、ほんまに面倒で(笑)

 

トシじゃなくてヨシやし!!って心ん中で突っ込んでましたわ。

 

 

これは運動会の写真ですけど

みんなじっとしてなきゃいけない状況なのに

たまに僕は、急にスイッチが入り

自分の世界で盛り上がっちゃってる時が多々あったそうですわ…(笑)

一人っ子ゆえの世界観。。。

 

オカンはずっとずっと仕事で、日中はほとんど家にいなかったし

オトンにいたっては、夜もあんまりいなかったので

オトン・オカンが昼間にいる!っていうのがうれしかったですね。

 

それが、写真にでてます。はい。

 

当時は僕は電車がめっちゃ好きでね、オカンがたまたま休みになってから

 

電車に乗せてあげるって言ってくれて

 

この115系のオレンジ&ダークグリンの車両が好きでこれに乗って

1時間半ほどかけて、

岡山駅までオカンと行ったのが、とにかくうれしくてね

 

よー覚えてますわ。この記憶は。ええ。

 

ずっとオカンに喋っとったもんなぁ。

 

オカンはニコニコと聞いてて

 

で、岡山駅に到着して

オカンが「どっかご飯食べにいこか?」って聞いてきたけど

 

僕はオカンと二人の電車旅が良かったので

「いや…いい」って言ったら

 

オカン「そしたら、売店でなんか買ってホームで食べようか?」

っていうから

 

僕は「うん!」と言って

 

僕はサンドウィッチを選んで

 

オカンとベンチに座って

 

ホームにいろいろと入っては出ていく電車や汽車を眺めながら

 

サンドウィッチをもぐもぐ食べてたのが

 

めちゃくちゃ幸せな一時でしたね。ええ。

 

ただの電車往復の旅ですけど、

 

普段いなくても

 

こうやって隣にいてくれるだけで、

 

妙にうれしかったわけです。はい。

 

すべてがチャラになるというかね。ええ。

 

 

集団生活が大嫌いだったので

 

まぁ、とにかく幼稚園の思い出っていうのは

 

「これをした」

「あれをした」って記憶が

 

ぜんぜんありません(笑)

 


今日の一曲

Noname

ゴリゴリじゃないポップなR&B、ヒップホップ、エレクトロ


 

じゃ、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。