思いつき 新勝寺 禅と庭のミュージアム の旅

今日はね

 

お休みでしてね

 

で、なんとなくお伊勢さん(伊勢神宮)に行こうかなぁ

 

なんて考えてたら

 

朝起きたら、土砂降りの雨だったので

 

しかも天気って西から東へ移動するじゃないですか。ね。

 

だから、この朝の雨の調子だと

 

三重県伊勢市は、到着する頃はけっこうな雨だろうなと思い

 

東へ行くのはやめて、天気が回復しそうな西へ行こうと

 

急遽、思いつきで

 

広島県福山市にある

 

新勝寺 禅と庭のミュージアム   に行ってきましてん。

 

 

 

「神勝寺 禅と庭のミュージアム」は、一碗の茶を喫し、墨跡と向き合い、

命をつなぐための食を味わい、心身の垢を洗い流し、庭を散策し、

といったさまざまな体験を通じて、禅とはなにかを感じるための場です。


広大な敷地には、滋賀県から移築した17世紀の堂宇や、

復元された千利休の茶室、

建築家・建築史家の藤森照信が、

山陽道から瀬戸内一帯を象徴する植物の松を多用して設計した

寺務所などが点在し、その建物の間を結ぶように、

趣向を凝らした禅庭が配されています。


という感じの禅寺meetsアートです。

 

もちろん、僕は着物です。

 

スタッフさんからも、

「着物で来られる男性は、かなりレアです」って言われました。。。汗

 

立派な門をくぐり抜けると

 

クラシックモダンな受付が見えてきます。

 

庭園に池はマストですよね。ええ。

 

池にコイもマストですよね。ええ。

 

湯豆腐とお茶菓子が食べれる 含空院 (がんくういん)

レストランですね。

 

石段を登って

 

橋を渡ると

 

舟をイメージした建築が見えてきます。

 

アートパビリオン 「洸庭」(こうてい)  です。

 

 

広角レンズだとフレームに全部入ってたやろうね…

 

カーブが絶妙です。はい。

 

近くで見ると、たくさんの板を貼り付けて作ってあるのがわかります。

技術がすごい!

 

 

 

 

中に入るとインスタレーション(空間芸術)を見れます。

30分ごとの入れ替え制。

 

真っ暗な中で

水面がゆらゆらして、その周りをいろんな光が照らすアートです。

素晴らしい!

 

しばし庭園を散策。

 

 

 

一般非公開の禅寺

 

 

利休の待庵を再現した茶室。

 

客はこの狭い躙り口から入ります。でもこの茶室ではお茶は飲めません。

 

別の茶室

秀路軒 (しゅうろけん) では、

お茶とお菓子がいただけます。

 

でも、この日はメンテナンス中でお休みでしたが

写真だけ撮らせてくれました。

 

 

 

 

 

五観堂 (ごかんどう) で

新勝寺うどんを。

 

薬味に

 

おかず

禅の食事なので少量です。

 

そして、ぶっといお箸

 

写真撮るの忘れてて、もうほとんどうどんがありませんけど…

すごいコシの強いうどんです。

 

敷地が広いので

全部をザーッと回っても、半日かかるんじゃないでしょうかね。

 

庭の楽しみ方っていうのは

 

目で、様々な色、造形

耳で、水の音、葉と葉が風でこすれる音、虫の鳴き声、鳥の鳴き声

鼻で、木々や土の匂い、花や様々なものの香り

肌で、風の心地よさ、日差しと日陰の温度差

口で、素材の味わい、食感

 

だと思うんですよ。

 

これって、やっぱりその場にいかないと

 

体験できないし、感じるものが違います。

 

やっぱり写真で見るより、実際足を運んだ方がより感じ入れれるでしょう。ええ。

 

とても勉強になったし、刺激ももらったし

 

明日からまたバリバリ仕事をこなします。

 

 


今日の一曲

Jonny Nash & Suzanne Kraft

少しせつないアンビエント


 

じゃ、また。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。