LEUCHTTURM1917 と MOLESKINEのノート

みなさんて、

 

愛用のノートってあります???

 

文房具が好きな人達は

 

愛用のノートってあるでしょう。ええ。

 

僕もあります。はい。

 

1年前から、僕が使ってるのは、

 

ドイツ🇩🇪生まれの

 

LEUCHTTURM1917 (ロイヒトトゥルム1917) のA5サイズ 方眼です。

(リンク先は日本のサイトがないので、アメリカのサイトです)

 

カラーバリエーションはたくさんあって、黒がスタンダードですが

 

僕はグレーを好んで使ってます。

 

いわゆる、ちょっとお高いノートで 2,900円+税

 

でも、その値段なりに

 

ハードカバーで、裏面にはブランドの型押しが入ってて

かつ、バンド留め仕様。

 

まずは、氏名と住所欄なんですけど

 

書いてる人…ごく一部…。

 

次にノートにはめずらしい、目次があります。

書き溜めたノートを検索する際に役立ちます。はい。

 

ページ数が印字されてるので、検索が可能なんですね。

 

方眼タイプ罫線タイプのみ、日時を書く欄があります。

なにげにこれ、ポイント高いです。

 

そして、しおり紐が2本もある。

 

後ろの8ページは切り離し可能な、ミシン線付き。

 

最終ページにはポケットが。

 

で、僕は万年筆で書くことも多いんですが、

LEUCHTTURM1917 は裏抜けしません!!

 

これはかなりポイント高い。

 

 

てことで、かなり高価なノートではあるんですけど

 

今では、愛用のノートです。はい。

 

 

じゃ、今までは何を使ってたかっていうと

 

泣く子も黙る

 

イタリア🇮🇹生まれ

 

MOLESKINE (モレスキン) です。はい。

 

かの、ゴッホなど芸術家が愛用してたノートとして有名です。

 

 

MOLESKINEも、普通に良いんですよ。

ハードカバーだし

シックでシンプルでカッコいいし

 

裏面にちゃんと型押しもある。

 

でも…

 

昔よりも、紙質が劣ったんですよ…

 

書き味はそんなに悪くないんですけど

 

なんといってもダメなところは…

 

この万年筆で書いた時の裏抜け具合です。。。

 

見事に、インクが滲みますねん。。。

 

 

それと、絶妙にLEUCHTTURM1917より

 

横幅が小さいんです。

 

だから、LEUCHTTURM1917の方に軍配が上がりましたね。ええ。

 

 

僕、けっこうメモを取りまくるので

 

普段持ち歩いてるのは、この3種です。

 

ちゃんとしたライティングをする際には

A5サイズとポケットサイズのLEUCHTTURM1917を。

 

 

どこでも、いつでもテキトーにメモる時には、

ペリッとはぐれるRHODIAのメモ帳を使ってます。

 

高価なノートですけど、高価なぶん

 

「ちゃんと書こう」と思うし、大事にするし

 

なにより、書く時の

 

テンションが違うんです。はい。

 

そんなこんなで

 

愛用ノート紹介でした。

 

 


今日の一曲

Zoology

甘すぎないキュートなポップ


 

じゃ、また。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。