ベルリン 6日目

Guten Abend!

(こんばんは)

 

ベルリン滞在記もこれで終わりです。

 

最終日の6日目。

 

(実際は8日間だけど、行きと帰りで2日使ってしまうため、ゆっくり回れるのは6日間)

 

この日も、特に観光目的ではなく

 

 

ひたすら街を歩いては写真を撮る感じの1日でした。

 

僕は旅行っていう感覚でベルリンに来てなくて

 

どちらかっていうと

 

暮らしてる感覚で滞在してました。

 

 

だから、名物食べ歩きとか、観光めぐりとか

 

ショッピング三昧とか、興味がないんですね。ええ。

 

暮らしてると、そうじゃないですか。ね。

 

 

今後住もうと思ってる街ですから

 

もっと地に足を付けた滞在をしたかったんですね。

 

 

だから、ご飯も自炊だったし (けっこうパスタ率が多かった)

 

所持金もたったの3万円のみ。

 

それでも1万余りました。どんだけお金使ってないねんってね。

 

いや、お金を使わなくてもヨーロッパは楽しめるんです。

とにかく、街の景色がいいし、緑も多いし、公園がとにかく大きく

 

みんなのんびりしてるんです。

 

ベルリンは特にそういう感じで、せかせかしてないところが良い。

 

物価も安いし。とくにフルーツ、野菜は美味しくて日本よりも多くて安い。

 

硬水で飲む、ハーブティー、紅茶、コーヒーも美味しい。

 

 

そして、とても多国籍。

 

街を歩いてると、聞こえてくるのは

 

ドイツ語はもちろんのこと、英語、スペイン語、アラブ語、中国語、ロシア語などなど

 

いろんな言語が飛び交ってます。

 

 

いろんな人種がいて、いろんな言語が聞こえるから

ぶらぶらと歩いてるだけで楽しい。

 

 

そして、日本人と同じでドイツ人はシャイで人見知りだけど

一度、話してみて

打ち解けるとマシンガンのごとく話しかけてくるところも好きです。

 

 

そして、日本と違ってアメリカやヨーロッパは車を駐車場に止める文化ではなく

基本は路駐なんです。

 

 

だから、いろんな車が見れるのもこれまた楽しい。

 

 

なぜかヨーロッパ車のシルバーはいい感じに見えるんですよ。

 

 

それに、ベルリンは美人が多い。

どれだけ後をつけたことか…(笑)

 

建築もいいですよね。 これなんか70年代の建築なんだけどカッコいい。

 

これは大学。

 

 

 

これは大学病院

 

 

 

10月に来た目的は、なんといっても落ち葉です。

これだけで、街がぐっとロマンチックになる。

 

ヨーロッパは郵便は黄色が多い。

 

あと、日本と違って、ベルリンも外は寒いけど

家は玄関からトイレ、キッチン、風呂、廊下まで全部暖かい。

それはこのセントラルヒーティングがあるから。

 

そして、古い建築ほど窓が2重、3重になってて

外気が入ってこないようにしてる。

 

ドアも重厚だから、隣の音も聞こえにくい。

 

 

 

そして、隣が遠いから圧迫感がない。

 

だから、居心地が良いんだろうなと思います。みんな自由に過ごしてるし。

 

 

そして、今回のステイ先のホストさんTanjaさんは

めちゃくちゃフレンドリーで、優しくて、気が利く人で

 

毎朝、毎晩、Tanjaさんといろんな話をしました。

 

 

 

今回、たくさんの方と出会い

 

たくさんのハグ、シェイクハンドをしましたね。ええ。

 

とくに女性とのハグは、すごいうれしい(笑)

 

何回もしてたい(笑)

 

みんな「ぜひ、ベルリンに戻っておいで!」って言ってくれました。

(まぁ、それは誰でも言うか…)

 

 

また、来年

 

もっと長期間を数回

 

 

過ごしたいなと考えてます。

 

 

そしてその後は移住へ進めればなぁとも。

 

また、これから日本で頑張ります。

 


今日の一曲

The Invisible

ドラマチックでロマンチック


 

 

じゃ、また。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。