茶道を習いはじめたワケ

こんなに更新の期間が空くのは

 

超ひさしぶりです。はい。

 

 

僕はね、忙しいんです。

 

仕事が山積みでしてね。ええ。

 

 

で、僕ですね

 

 

先月から、茶道を習いはじめたんですね。ええ。

 

え?知ってるって?

 

 

すごいな…

 

 

どんだけ、僕のこと知ってるんですか。

 

 

なんでかって言うと

 

まぁ、理由はいくつかありましてね

 

日本文化をより深く知るためってのもあるし

 

一通り学べば、フリースタイルで茶を点てれるなぁと思ってね。ええ。

 

前田流 だとか

 

実は、僕は名前が 英利 と書いて “ひでよし” と読むんですね。

 

そうです!あの ひでよし と同じ名前なワケですから

 

ヒデヨシ流

 

とか

 

HIDEYOSHI TEA CEREMONY

 

とかでやれるワケですよ。ね。

 

伝統を学び、引き継ぎつつ

 

いろんなことも取り入れて

 

現代にアップデートした茶の湯を、やりたいなぁと考えてるんです。

 

 

今、僕が学んでるのは

 

藪内流(やぶのうちりゅう) といって

 

あの千利休にも影響を与えた

 

戦国時代の堺の豪商・茶人である

武野紹鷗(たけのじょうおう)の最晩年の弟子が始めた流派です。はい。

 

裏千家と似てる部分もたくさんあります。

 

 

が、しかしね

 

作法はなかなか覚えられないし、用語もちんぷんかんぷんだし

 

まぁ、とにかく

 

この歳になって、作法の知らなさに毎度毎度、大恥をかき

 

習得に苦労してるワケですよ(笑)

 

だけど、絶対に身につけてやろうと。ええ。

 

先日、習ってて

 

じーっといろんな人のを見てて

 

自分もお茶を点てたりして

ふと、思ったんですね。

 

多くの方が、お茶を習いに来てる時だけお茶の作法をやってるから

 

何年やっても、完璧にできないんじゃないかって….感じたんです。

 

頭で考えて、動くようじゃあ

 

身についてない証拠ですから。

 

みなさんだって、自転車をなんにも考えずに乗れるでしょ?

 

ブレーキだってかけれるでしょ?

 

それは、毎日乗ってきたから

 

体が覚えているんです。意識しなくたってできるんです。

 

だから、千利休が美しくムダのない動きができるのも

 

日々やってるからだって思ったんです。

 

まちがいなくそうだと思う。

 

だから、毎日10分でも作法や歩き方を、やってれば

 

ごくごく自然にこなせるようになるだろうなって。ええ。

 

 

話は、変わりますけど

 

僕ね、ちょっと焦ってるんです。。。。はい。

 

実はね、茶をやり始めたきっかけの、今後の目標がありましてね

 

5月13日に カングー ジャンボリー2018 っていうカングーのイベントが

 

 

山梨県の山中湖であるんですよ。ね。

 

それに着物で行って

野点(のだて)をしようと目論んでいるわけです。

 

野点っつうのは、ようするにアウトドア茶の湯ですよ。

 

 

カングーのリアを開けっぴろげて

 

 

野点傘を立てて

 

ベンチに緋毛氈(ひもうせん) 赤いフェルトを敷いて

 

そして、外で茶を点てたら

 

 

 

 

超、超、超ヤバくないっすか?????

 

HIDEYOSHI流  カングー茶の湯 in 山中湖

 

ぜったいに良いと思う!!!!!   うん。

 

ただ、雨だったら最悪やけど….

 

でもでもでも!!!!

 

現段階だと、作法とかがさっっっっっっぱりですから

 

なんとしてでも、5/13までにある程度の茶を点てれるようにしなきゃ

いかんのです!!!!!!

 

だから、焦ってるんです。はい。

 

 

で、これを成功させたら

 

今度は、ドイツのベルリンの公園で

 

HIDEYOSHI アウトドア茶の湯 in BERLIN 

 

をやりたいんですよ。ええ。

 

卒業シーズンで、美容の仕事がめちゃくちゃ忙しいのに

 

こんなアホなことばかり、考えてるんですよ。ええ。

 

 

そして、

 

HIDEYOSHI流  カングー茶の湯 in 山中湖 

 

サポートで付いてきてくれる方一、二名募集します。

(ボランティア) 同乗OKで、食事はおごります。

 

5月12日(土)、13日(日)予定が空いてる方

 

お気軽にお問い合わせください。

 


今日の一曲

Candace

メランコリックなガールズオルタナ

 


 

 

じゃ、また。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。