和室

 

和室は、なんだかんだで年々好きになっていってる自分がいたりします。

気軽にごろんと寝転べる畳の良さや、

日本人独特の渋いこだわりがわかってきたからでしょうか。

リノベーションする前から、和室は必ず残そうと考えてました。

.

 

Before

 

 

 

 

和室の良さは残しつつ、やはり壁が暗く印象も暗いので

壁だけを明るくし、他は掃除して磨けば良くなると考えました。

 

1.全体をマスキングする。

 

壁に漆喰を塗るためのマスキングをします。

実は、この作業が

いちばん面倒で時間がかかります。

 

 

2.壁の割れをパテ埋めする。

写真右側の壁が割れてるので、パテで埋めます。

 

 

パテ埋めしたところ。

 

なぜパテ埋めするかというと、割れた状態で漆喰を塗ると

漆喰が割れに沿って、割れてしまうからです。

 

 

3.漆喰を塗る。

漆喰を塗っていきます。

高いところから、低いところへ塗った方が

汚れずにいいです。

 

ずいぶんと明るくなってきました。

 

 

4.縁側のマスキング。

和室の隣にある庭に出れる、縁側の壁も暗いので漆喰で白くします。

 

そのために、マスキング。

 

 

 

 

 

5.縁側の漆喰塗り。

 

 

 

 

 

 

 

 

After

 

 

 

 

 

 

.

古民家セルリノベ  トップへ

 

1. リビング・ダイニング・キッチン

2.  寝室

3. 子供部屋 

4. 玄関

5. 和室

6. 多目的部屋

7. 脱衣所

 

.

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。